創作全般よっこらしょ

二次創作とか、詩など 日常のことも (現在一部の記事に画像障害が発生しています)

いつか空を渡る青い鳥のように

こんにちは、ともみです

 

今回は、

「幸せになりたいー!」

みたいなことについて

 

 

 

幸せってなんだろー?

 

 

 

この定義から追求を始めると、このブログを何回となく更新しなければなりませんよね

いや、それも書いていて楽しいですけど

 

ぶっちゃけ、わたしのフィジカル・メンタルが追いつきません

 

基本が貧弱女子なので、わたし

 

なので、今回は

「幸せ」=「こころの豊かさ」

と、定義いたします

 

 

 

こころの豊かさ?

 

 

 

人によってさまざまでしょう

 

・おなかいっぱい食べられた

・ぐっすりとねむれた

・好きな人がいる

・しかも両思い(きゃ♪

・衣食住に心配がない

・映画を観に行ったら、偶然にもレディースデー

・新しい服、買っちゃった

・ついでに、スニーカーも買っちゃった♪

・ドラッグストア、5%OFFの日に賢くお買い物…etc.

 

なんだか、後半になるにつれて

わたしの願望がダダ漏れになっている気が強くしますが、気にしないでください

 

まあ、上記のような物事、出来事に

 

「はあああ~。こころ満たされた~」

 

となることが、多いように感じます

飽くまで、わたし視点ですけど

 

 

 

こころが豊かだと、心配事が減る?

 

 

 

これも、言える気がします

逆説的に、

 

「心配事がない」=「こころが豊か」

 

とも言えそうですね

読んで字のごとし、ですが

 

あれやこれやと、思い悩んでいると

どうしても視野狭窄に陥りやすくなっちゃって

見えるものも見えなくなる

 

そして

周囲が見えないものだから、

「え-、どうしよどうしよ?」

と、心配になる

 

「困ったー、心配だぁ…」

となると、

「豊かさだって?それって煮ても焼いても美味しいの?つか、食えるの?」

と、澄んでいてピュアだったこころが、すさんでドロドロになってしまいます

 

心配事は、良い意味のストレスとして、ある程度はこころの中に必要でしょう

でも、こうすさんでいってしまうと、

 

悪い意味のストレス

 

に、突然変異を起こしそうですよね

 

当たり前かもですが、心配事は少ないに越したことはなさそうです

 

 

 

じゃあ、こころの豊かさって伝播できるものなの?

 

 

 

自分で書いていて、難題にぶち当たりましたが

できるとも、できないとも言えそうです

 

たとえば、仲の良い友人といっしょの時間を過ごしていて

ちょっと休憩がてら、お茶屋さんに入ったとします

 

わたし「ふう。買いまくったね」

友人「暴れたねー」

わ「だって、90%OFFだよ?アドレナリン出まくるって」

友「だねー。最後まで悩んでたニット、あれ良かったじゃん」

わ「でしょでしょ?春っぽい色かなって。キミが結局買ったチュニックも良きよき」

友「これねー。年齢的にどうかとも思ったけど」

わ「関係ないっしょ」

友「ありがと。やっぱり、バーゲンセールはこころの潤いだねー」

わ「だねえ。あ、水出しアイスコーヒーふたつで」

店員さん「かしこまりました」

 

んもう、めちゃくちゃありそうなシチュエーションですが

この場合、

「こころの豊かさが伝播している」

と、言えるのではないでしょうか

 

つか、一応断り書きですけど

上記の会話は、フィクションですよ?

 

お互いに、

「はあぁ~、幸せ」

と感じていると、相乗効果もあって、シナプス間の盛んなやり取りのように

伝播しまくるんじゃないかと感じます

 

 

 

結論:こころの豊かさは幸せです

 

 

 

強引に結論づけますが

やっぱり、こころが豊かで心配事も少ないと、幸せですよね

悩み事だって少なければ、その分、考え方にも余裕が出てくるとも言えそうです

 

 

 

オチ:幸せはメールでやってくる

 

 

 

なんと言いますか

このオチを書きたいがために、今回の記事を作成した、と言う

 

Amazonさん

別にわたし、

「知りたいだろう」

なんて思われる検索、した覚えないんですけどw

 

f:id:tomomikoshigaya:20190415144936p:plain

そう言われてもなあ…

 

 

おしまいー

最後まで駄文にお付き合いくださり、ありがとうございました