創作全般よっこらしょ

二次創作とか、詩など 日常のことも (現在一部の記事に画像障害が発生しています)

「永遠の果て先まで 2」 嘘つき姫と盲目王子 二次創作小説

永遠の果て先まで 2

 

 

そして、誓いの言葉。

ボクは姫をしっかりと見ながら。

姫もボクをまっすぐに見てくれながら。

 

姫の目に、涙がまだ光っていたけれど。

とてもとってもにこやかに。

ボクを見て、笑みを浮かべてくれた。

もう、言うまでもないのかもしれないけれど。

聖堂内で誓いを新たにすると言うことは。

ボクにも姫にも、厳粛な思いだった。

 

指輪の交換。

姫の手が、小さく震えていた。

いや、ボクの手もだろう。

プラチナの輝きが、ボクたちにまぶしくて。

 

永遠につながる、永遠へつながる。

キス。

ヴェールを持ち上げるとき。

手がプルプルしてしまい。

情けないなあ、なんてこころの隅っこで思って。

 

(ずっとずっと、つながるキスなんだから)

そう思って、できるだけゆっくり丁寧にしたかったんだけど。

緊張がMAXになって、激突に近いキス。

姫がびっくりしていた。

列席してくれているひとたちからも、笑いの気配が。

さざなみのように広がっていく。

 

でもこれで、本当は不要だっただろう緊張感がほどけて。

その場のみんなが、大きく息を吐いたようにリラックスした。

 

手をつなぎ、ヴァージンロードをふたりで歩く。

フラワーシャワー、ライスシャワー

あたたかい、祝福の込められた拍手。

深いお礼の気持ちで、ボクたちは軽く会釈を繰り返しながら。

 

明るい光の満ちている外へと。

新しい世界へと。

ふたりで進んでいった。

 

 

3に続きます

 

 

f:id:tomomikoshigaya:20210312195603j:plain

激突キスだって、大切な思い出

最後まで(やっぱり途中ですけど)お読みくださり、ありがとうございました