創作全般よっこらしょ

二次創作とか、詩など 日常のことも (現在一部の記事に画像障害が発生しています)

「寮の暮らしも悪くない」その4 嘘つき姫と盲目王子 二次創作小説

寮の暮らしも悪くない その4

 

放課後。今日もいろんな授業で疲れたー。おんなじクラスの王子は、合唱部。朝言ったとおり、カナメちゃんは文芸部。わたしとサフィーは帰宅部だ。ガーネットはとなりのクラス。おなじく部活はやってない。
スクバに教科書とノートなどを詰めつめ。王子が他のクラスの女子に囲まれてるけど、気にならない気にしない。いやウソ、気になるよ? でも、王子のこと信じてるもん。ほら、群がってるメスども(ひどいw)へにこやかに手を振って、わたしのほうに来てくれた。
「帰ろう、姫?」
「うん。え、部活は?」
「今日、おやすみ」
「そっか。じゃ、いっしょに帰る!」
すまないね、メスども(しつこいw)。王子はやはり、わたしのとなりが心地よいようだよ、ふふふ。
なんてことを、当たり前だけど口には出さず。王子と仲良く昇降口を抜けた。そばにある第一グラウンドで、野球部さんが大声あげて練習中。でも、帰宅部も多いな。アレだねえ、ラノベなんかだと化学棟のどっかの教室から、爆発音が聞こえてくるんだろうけど。残念ながらそんなことはなかった。偏見ですか? ここ、ラノベの世界じゃないからなあ。どっかから転生してくる少年もいないみたいだしね。
「もうじき試験、始まっちゃうね」
「うん。でも王子なら楽勝でしょ?」
「だといいなあ。世界史とか地理とかなら、すごい自信あるけど」
「自信のある教科がふたつもあるだけで、尊敬モノだよ」
「姫は?」
「聞かないでよぅ」
ちょっとだけすねた感じで、王子の左手をつかむ。自然に王子も、手を握ってくれた。小さなことでも嬉しくなる。
「開こっか」
「なにを?」
「勉強会。その、ボクの部屋で」
「いいの?」
「もちろん。だって、寮の中には入れないからなあ、ボク」
それもそうだよね。王子だからって、女子の寮に入れたら。みんな王子を目指しちゃう(?)。でも、こうして誘ってくれて。これはわたしも、勉強がんばらなきゃ。
「今度さ、寮のお友だちといっしょに。あそぼ? カナメちゃんも入れてさ。あ、もちろん試験休みに入ったら、だけど」
「ボクもいいの?」
「うん! たくさん紹介したいの、王子のこと」
「わかった。自信ないけどがんばるよ」
「あれー。これには自信ないんだ?」
ちょこっとふざけて、わたしは言った。
「だだだだって。姫以外の、その、女子と……。話せるかな……」
かわいいなぁおい! さっきまでにこやかに、女子どもと交流してたじゃん。
「だいじょぶだよ。いつもの王子で」
「う、うん。がんばります」
んもう、すっごい愛おしく思えて。校門を出たから、思い切って腕を組んじゃった。びっくりしたみたいだけど、ちゃんと王子も組んでくれてる。
「ありがとう」
「ん?」
「いつも気にかけてくれて。いつもいっしょにいてくれて」
「ボクは姫だけの王子だもん」
「へへー。わたしも! 王子だけの姫、だよ?」
「うん!」

 

心配していた高校のこと。寮での生活。お友だちのこと。
そして、なにより。
王子のこと。
全部がぜんぶ、みんなうまく進んでいくなんて。思ってはいないけれど。こうやって時間を過ごしていければ、きっと、後悔のない、んーん。後悔の少ない高校生活が送れるんだよね。
だから、わたしも。精一杯毎日を過ごそう、愛でよう。
王子がいてくれるんだもん。ありきたりだけれど、怖いものなんてあるもんか!

 

おしまい

 

完結できました

 

こんばんはー

とにかく書き上げられたなあと、小さい胸を撫で下ろしているともみでっす

いままで、けっこういろんな姫王子を書いてきましたが、この高校生活が舞台になっているのは、合同誌に書いた設定を、そのまま使ったものなんです

あのふたりだったら、こんな生活を送るのかなあなんて

そんなことを考えていたので、楽しく書けました

あ、サフィーとガーネット(と言う名前)は、ジュエルペット」からの友情出演です

友情なのかはわかんないけどw

また、こんなような続き物のおはなし、書いていきたいと思います

しばらくは、詩とかになると思いますけどね

 

ではでは

また別の創作作品でー

f:id:tomomikoshigaya:20210411212957j:plain

向かい合って、お話しできて、噛みしめるしあわせ

おしまいまでお読みくださり、ありがとうございました

「寮の暮らしも悪くない」その3 嘘つき姫と盲目王子 二次創作小説

寮の暮らしも悪くない その3

 

さてさて、翌日。
昨日は深夜まで、サフィーとガーネットの話に付き合っていて、ホントのトコは少々眠たい。そんなでもふにゃふにゃしながら、登校。歩いているうちに目が覚めてきた。だって、だって……。
「王子とおんなじクラスだもーん!(あおーん!)」
「ちょ、ひひひ姫!?」
「あ、ごめんね……」
王子とは、毎朝。王立の役所前で待ち合わせしてるんだ。んで、手はまだつながないけど、いっしょにガッコ行くの。ふふ、ふふふ。これぞ青春じゃない!
「ふふふふふ」
「ひひ、姫?」
いかん。口に出ていたらしい。
「だいじょぶよー。ちょっと幻覚妄想が」
「大丈夫なのかなそれ……」
王子が冷や汗。わたしはとにかく、嬉しくって仕方がないのだ。課題? あー、やってないけど。
王子はねー。銀に近い金髪に、整いまくった顔立ち。笑顔がやさしいんだー。服は王族だからって、特別扱いはされておらず、みんなとおんなじブレザーの制服。んでもさー。脚がこう、スラッて長くて細くて、どんなん着てもかっこいいんだよなあ。女子もブレザーだけど、そろそろ春めいてきていてあたたかい日も多いから、ブラウスの上にガーディガンでもOK。わたしかい? まだブレザー着てる。スカートの丈はそんなに短すぎず長すぎず。絶対領域からの脚線美で、常に王子を悩殺……、できるわけないじゃん。わたしはスタイル、自信ないよ。
ついでにもうちょい説明しとくと、わたしの髪は腰近くまでのロング。黒髪サラサラなのさ。すぐに跳ねるけど。
あ。むかしのわたしたちを知ってるひとは、わたしの残りの目でもある、王冠とリボン止めどうしてるの? って思うかもね。
これは、魔女に細工してもらっててね。王冠とリボン止めをいっしょにミニチュア化した、ちっちゃいキーホルダーに封じ込めてるの。スクバにくっつけてる。王子もさすがに、王冠つけて学校生活はできないから、おなじく魔女のお世話になって、キーホルダー化。城内ではちゃんとつけてるらしいけど。
――こう考えると、魔女のお世話になりっぱなしだな。なにかお礼を、かなあ。
「ね、おうじ?」
「うん?」
「魔女にお中元とか、送るべき?」
「唐突だねえ」
わたしは歩きながら、かくかくしかじか、と伝えた。
「なるほど。でも、好みもあんまりわからないから。とりあえずのところ、ボクたちが元気に生活していることが、一番のお礼になると思うよ?」
「そかー」
王子の言うとおりかもね。魔女の好みなんて、ヘンテコなのに決まってるし。合わない食べ物とか突然手渡しても、使い魔たちにそのまま流されそうだ。
「さすが王子だなあ」
「そ、そう? 感謝の気持ちを持つのはとっても良いと思うけど。姫はやさしいね」
「あ、りがと……///」
ボフン! と顔が熱くなる。いかんいかん、うろたえてる現場を見られたら、ガーネットあたりになんて言われるかわかったもんじゃない。
「おーはよーさん」
後ろから声がかけられた。カナメイシのカナメちゃんだ。
「はよー」
「おはよう。今日も大荷物だね」
王子の言葉に見やると、スクバの他に、『DEAN & DELUCA』のトートバッグ。しかも膨らんでる。
「んー。ガッコのPCには、『秀丸』入ってないから。文章書きにはつらい環境なのだよ。致し方なく、ノートPCと資料を運ばざるを得ぬ」
「それ、ぜんぶがそうなの?」
わたしの問いに、
「むー。もちろんwebで資料検索できるけど。文字をたしなむ身としては、パラリパラリと紙のペイジを繰りたいのだ」
「難しいもんだねえ」
「お疲れさま。良いのが今日も書けるといいね」
王子はさすがだ。言葉のひとつひとつがそつない。
あ、っとね。
カナメちゃんは、カナメイシのバケモノなの。そそそ。わたしとおんなじ、魔女の森出身、魔女の森学園から城西高等学校に進学した、いわゆる幼馴染。
姿とかかっこうはね。わたし同様にニンゲンの少女のものだよ。これも魔女がかけてくれてる魔法なんだ。通学はどうしているのかと言うと、カナメちゃんの遠い親戚に当たる、かつての王様ドラゴンがおうち、つってもアパートだけど、を手配してくれてるんだって。だから、寮には入ってないの。
その代わりの条件? みたいなもので。これも遠い親戚の子である女の子(ゆうちゃん、て名前だったかな)のお世話を、仰せつかっているらしい。子どもさんがあんまり得意じゃないわたしから見たら、すごいよなあ、って感嘆するよりないさね。
カナメちゃんはむかしっから、小説家を目指してて。読んだ本の数はそれこそ星の数。いまはこうして、マイPCを使いつつ、文芸部の若き新星(と本人が言ってた)として文章を書きまくってるみたい。
それこそ、おねしょの回数だってシェアしあってる仲だから。わたしも応援してるんだ。
などと考えてたら、王子とカナメちゃんは大いに話が盛り上がってる。嫉妬? しませんよー。だってカナメちゃんにはもう、許嫁さん、いるんだもん。どんなバケモノ(ニンゲンかもしれないけど)かは知らん。
「アレだな。そのうちわたしの書き下ろしで、合唱部にうたを差し入れてみるのも良きかな。まあまだまだ、実力が伴ってはいないのだが」
「楽しみです。作曲も?」
「肯定。わたしが作る」
「え? カナメちゃん、作曲できるの!?」
「ソフトのおかげだ。いちからはとても作れぬ」
「それでもすごいなあ」
MacBook Proなれば、赤子の手をひねる如くかんたんだが。わたしは文章書き、『秀丸』使い。Surfaceが今の相棒」
「なんだかわかんないや」
テキストエディタのこと。プロさんも愛用しているみたいだよ」
王子が注釈を入れてくれた。タイミングといい言葉といい、だから大好きよ、王子。
「そっか。カナメちゃん、プロとおんなじの使ってるんだね」
「少しでも、親(ちか)しい身となりたく、な」
「かなうよ、夢。だってカナメちゃんだもん」
「おぅ、ふ、ありが、とう……」
あらら。珍しく照れてる。
「チャイム、もうじき鳴る!」
王子の言葉で我に返った。いかん。ダッシュだ!
あー、課題。結局できないままだったなあ……。

 

 

続きます、次で終わりです

f:id:tomomikoshigaya:20210410193844j:plain

たとえすべてを賭しても、あなたを護り続ける

 

「寮の暮らしも悪くない」その2 嘘つき姫と盲目王子 二次創作小説

寮の暮らしも悪くない その2

 

前に、王子とデートしたとき。焼肉屋さんで生肉食っちまったわたしだけど。
ニンゲンの食べるごはんも、かなり美味しさがわかってきたよ。
だから当然、残さずにいただきました。ふう、おなかぽんぽん。
「姫ちゃんは、好きなのとかあるの?」
食堂で、晩ごはんのあと。ほうじ茶をすすりながら、となりのサフィーが聞いてきた。
「んー。だいたいなんでも好きだなあ。火だけは苦手だから、火を使ってお料理できるニンゲンを、実は尊敬しとる」
「あ、言ってたね」
「なにをなにを?」
割って入ってきたのが、ガーネット。おとなりのクラスのニンゲン女子。けっこうホントにかわいいのに、何にでも首を突っ込んで損してる、同情を禁じ得ない子だ。
「ん? 姫ちゃんさ。バレンタインのときに、かがり火にお肉を放り込んで焼いて。それをわたしたんだって」
「さっすが! 姫はどっかしらが違うって、思ってたんだよなあ」
「いやわたしバケモノだし」
「いやいやいやいや! 関係ないっしょ! それはねー、徳ってヤツだね」
「なあにそれ?」
サフィーが聞く。わたしを置いてくな。
「んとねー。生きてる中で良いことをしたポイントみたいなの」
「ポイントカードかわたしは」
「それくらい、姫からはこう、オーラが出てるよね!」
「あー、わかるかも」
「おーい」
わたしを挟んだまま、きゃいのきゃいのとサフィーとガーネットが話してる。
「だって、それくらいの惹きつけるオーラ出てないと。王子サマと恋仲にはなれんしょー」
「きゃ。えっちだなあ姫ちゃん」
「キミたち」
ツッコミ入れてても、何だか楽しい。
「ほほう。姫はやはりえっちか。じゃあ、風呂で詳しく聞こうじゃないか」
「あ、そんな時間になった?」
「おん。そろそろすいてくるっしょ。風呂で聞いてやろう見てやろう、姫の身体に直接!」
「ガーネットちゃんも、きゃ」
「聞かれる立場にもなってくれ」
などと言いつつも。わたしはここで新しくできたお友だちに。感謝もしているんだよ。
最初は本当に、ビクビクものだったんだけど。こうやってお友だち、だんだんできて。
それぞれが、いろんな個性を発してるから、
(あ。わたしはわたしで良いんだ)
って、思えるようになったんだもん。
そそそ。
『みんなちがって、みんな良い』
とか言うやつね。それを実感するなあ……。
「よしよし。晩ごはんのあとは風呂って、むかしから決まってる。脱衣所に集合な」
「はあい」
「はいはい」
ガーネット、サフィー、わたしの順だよ。
じゃあ、水浴びして(ちょっと違うけど)、さっぱりしてから。ぐっすり寝て明日に備えましょうか。あ、課題を忘れてるけど。なんとかなるだろう、うん。

 

カコーン。カコカコ、チャプん……。
「ホントにニンゲンってすごいと思う。お湯をこうしておいてから、そこに入るとか、ねえ」
「姫はシャワー派なのか?」
「んー、なんともまだわかんないけど。川で水浴び程度だったから、そうなのかも」
「そんなっ! 公衆の面前でっ! ハダカでっ!」
「いやだからわたしバケモノだし魔女の森の中だし」
「サフィーは、どっかしらがズレてるよな」
「まんま返すよ、ガーネットちゃん」
返されたガーネットは、ふふふ、と不敵な笑いを浮かべる。ミディアムのくくられている髪が、意味ありげにちょっと、湯気の中で揺れた。ちなみに、わたしたちさんにんの中で、一番背が高くて顔立ちも良い。
「良いのかな? 姫とおんなじように、サフィーにも身体で聞くぞ?」
「え? ええっ?」
「何を聞く気なんだか」
「恋愛経歴に決まってる。そうだろ、サフィー?」
「そんなこと言われても、話すことなんも無いよ?」
「弱気だな。いつもの威勢はどこいった」
「そんなにわたし、威勢がいい?」
「ときどき」
と、わたし。
「だいたい」
と、ガーネット。
「あ、そデスカ……」
サフィーはお口の真下まで、チャプ、とお湯に沈んだ。
「ふふふ、夜は長い。じっくりと責めてやろう」
「いつも思うんだけど。ガーネットって、なんでいちいち発言がエロいんだ?」
「愚問、姫。わたしは存在がエロいんだ」
「あー。そーデスカ……」
わたしも真似して、チャプ、と沈む。あたたかくって気持ちいい。
「狙わ(タゲら)れちゃったね、姫ちゃん」
「わたしなの?」
「やぶさかでない」
「『やぶさか』ってなに? そしてビミョーに話をズラしてきたな、サフィー」
「ちっ、気づいたか。ちなみに、やぶさかでない、で。苦しゅうない、みたいな意味」
「? よくわかんないけど。いざとなったらオオカミに戻って、部屋まで逃げますし」
「逃しませんし」
ニヤリとガーネットが笑う。チェシャ猫みたいだ。
「逃げも隠れもしないから、そろそろあがろうよ。のぼせそう」
サフィーが言いながら、湯船に立ち上がる。豊満、つー言葉がぴったりな胸と、その、アソコが目の前に突然現れたので、けっこうわたしはドギマギしてしまった。わたしとしたことが。
サフィーはまったく意に介さず、あたまに乗せていたタオルを手にして、じゃばじゃばあがった。ニンゲンって、変に臆病だったり、変に大胆だったりするんだなあ。そんなことを思いつつ、サフィーの背中を見続けてしまう。
「惚れちゃった?」
振り向くと、チェシャ猫ガーネット。
「ないない。ニンゲンって面白いなあ、って思ってた」
「むー。まあ、そうかもね。わたし的には、姫のほうが謎が多くて面白いけど」
ガーネットが、目で、あがるよーと言いつつ。わたしのとなりに来た。湯気に隠れてるけど、わたしとおんなじくらいのちっぱい仲間だ。はからずも、サフィーのを間近で見たあとだけに、妙な親近感が芽生える。じゃぶり、とわたしとガーネットもあがって、タオルを固く絞ってふきふき。
「謎なんてある? わたしに」
「そりゃ。だって次期国王候補と、いちゃラブなんだよ? 最初聞いたときは、この子ちょっと妄想癖ひどいんじゃ、って思った」
「あー。そうかもね」
「納得してんじゃねえ」
「おいおい話すよ。それこそ、本一冊ぶんぐらいの内容だから」
「期待してるー」
「ほらー。行くよー?」
サフィーの声が脱衣所から聞こえた。わたしとガーネットは、ちょっと顔を見合わせて、首を縮めるようにして小さく笑った。

 

続きますー

f:id:tomomikoshigaya:20210409194457j:plain

手のぬくもり、あなたと、わたしと

 

「寮の暮らしも悪くない」その1 嘘つき姫と盲目王子 二次創作小説

久々に連続小説

 

こんばんはー

毎日が頭痛の嵐の、ここまできたらもうどうにでもして好きにしてなともみです

いやいや、本当にキツいんですよ、頭痛

精査の結果、脳に異常は無かったんですが

消去法で行くと、中の子たち(内部人格さん)の活動によって頭痛が起きているのでは、つー

まあ、仕方がないですよね

 

さてさて

久しぶりに、しばらく続く小説を書いていきたいと思います

タイトル通りですけどねw

全部を書き終えていないので、なんともですけど

この先もお付き合いいただければ、とっても嬉しいです

 

では、始めてみましょか

よろしくお願いします!

 

寮の暮らしも悪くない その1

 

寮生活というのも、慣れてみればそんなに悪いものじゃない。
まあ、たしかに。プライバシーとか言うものは、皆無に等しいのかもしれないけれど。
わたしにそんな上等なものは、必要ないんじゃないかな。たぶんだけど。
実際のところ、ふたり部屋で当然ながらふたり生活。窮屈かもしれない、お互いに。
特に、相方ちゃんが、ニンゲンだから。
でも、だからこそ。思いやれる気持ちがあって、バケモノのわたしと仲良く暮らしてるよ。
あ。わたし、姫ッス。オオカミのバケモノの。
そのバケモノが、なんで寮生活、しかもどこの? と思われるかもだね。
ちゃんと話します、今から。

 

「合格だよ! おうじ!」
「うん! ボクもだよ!」
まだ風の冷たい春先、わたしと王子は、『城西高等学校』の合格発表を見に来てた。
城下町にある(西のほうね)、唯一の高校。そこにわたしたちは、揃って合格できたんだ。
バケモノが高等教育? ちっちっち、今の時代、バケモノも勉強に励むのさ。
バケモノに学校や試験が無かったのは、もう遠い昔のことなんだぜよ……。
王子がいまさら高等教育? ちっちっち、国と社会を知るには、早い遅い関係ないの。
つか、国王サマ(王子のとーちゃん)からの、命令だったんだけどね。
いわゆる、ご学友をたくさん作って、人脈を築けとのことらしいぜよ……。
んで。わたしはかんたんだから、
『おうじと高校生活ひゃっほい!』
って思ってたんだけど。
よくよく考えて、よくよく学校要覧とか読んだら。
い、いままでの魔女の森から通学とか。ただでさえいろいろと道が困難(ゲームプレイして確かめて)。
しかも時間がかかりすぎて、登校するころには下校時刻になってるよあはは笑えねえ。
ので。
寮に入ることにしました、わたしは。
王子は、お城から通学だよ? だって、学校の他にも帝王教育ゆーヤツが必要らしいからね。
まあそりゃ、不安もあるよ。魔女のはからいで、いつでも姫(ニンゲンの少女)に姿を変えられるとか。
これもまた魔女のはからいで、学費その他ぜんぶ出してくれるとか。
良き条件は、揃ってはいるけどね。でもなんせ、森の学校で中学校レベルまでは修了してるわたしでも。
高校の授業には、ついていけるのかどうかとか。
そもそも論で、寮生活なんてできるのかなわたし? ってのも大きい。
コミュ障じゃないと、自分では思うけど。スマイルを無料で売りまくる技術があるとは、とても思えないから。
だから。
入学手続きを魔女と終えて、寮に入ることを決めたとき。
期待と不安が入り混じったって、このことかぁ、なんて思ったね。

 

「述懐、お疲れさま」
「ありがとー」
そう言って、肩をいきなり揉み始めてくれたのは、同室のサフィー。名前の通り、サファイアみたいなキレイな目をしてる。
背はわたしよりも低くって、スミレに近い色の髪。笑うと子犬みたいな感じ。ころころした雰囲気が、同性のわたしが見ても、実にかわいい。
ついでに言うならば、胸もわたしよりはるかに大きくて、実にじつに羨ましい。いや、いらん情報かこれは。
もちろん、わたしがオオカミのバケモノだと言うことは、承知してくれてる。
一回、オオカミ姿に戻ったことがあるけど、
『うっわ。かわいい!! モテたでしょー!?』
って言われて。
(大丈夫かなこの子……)
と思ったね。
そんな、ちょっと(?)ヘンなルームメイトにも恵まれてか。寮の暮らしにも、少しずつ慣れてきた。
アレだね。住めば都、言うでしょ? ホントにそうだと思う。
「あー。それくらいで」
「いやいや、こってますよお客さん」
「なにか代償を要求されそう」
「バレてんのか、ちっ」
言ったと思ったら、ころころ笑ってる。――不思議ちゃんって、サフィーのことを指す言葉だな。
んでも、肩揉みのおかげで首が軽くなった。コキコキしてたら、軽やかなチャイムが流れていく。
「ごはんだ! メシだ! 食料だー!」
「だなあ、行くかー」
わたしはサフィーに答える。自分でごはん作らないでもいいって、すっごくラクだね。当然だが。
ふたりして廊下に出て、パタリコとドアを閉じる。他の寮生たちも、なんやかんや話しながら食堂へ向かっている。
さてさて。大いにごはんをいただいて。まだまだ成長期(と信じていたい)の心と身体を養いましょうか。

 

続きます

f:id:tomomikoshigaya:20210408210806j:plain

いつかまた、あなたと手を取り合って