創作全般よっこらしょ

二次創作とか、詩やSSもあります 日常のことも

姫のお料理講座

 こんばんはー

無事にカウンセリングを終えたものの

そのダメージを回復しきれていない、「やくそう」の必要なともみッス

 

二日連続になりますが

今回も、「嘘つき姫と盲目王子」の二次創作小説です

姫はちゃんと、ごはん作れるのかな?

 

 

 

 

 

 

 

今日は雨降り。

私はお茶を飲みつつ、窓ガラスをつたい行く雨粒の流れを。

ぼんやり眺めてた。

 

王子?

最近、ちょっとお疲れ気味みたいで。

お昼寝してる。

 

無理もないか。

いま、こうして一緒にいられるのも。

王子の尽力があってこそ、だもんね。

ふー。

 

もひとつため息、ふー。

 

(そだ!)

私は、天啓を得たようにひらめいたんだ。

(今夜は私が、お料理作ろう!)

うんうん。

我ながら、なんと言う良きアイデア

(ごはんできてるよー)

って、声かけてさ。

(あ、その前にお風呂?それとも……)

きゃーぎゃー!

 

言えねえズラ!

(私を食べちゃう?)

なんて、とても言えねえズラ!!

 

まー、それはともかく。

私は王子がきちんと整えている、お台所に入った。

 

あ。

しばし待て。

(火、使う、よね?)

 

私のもともとは、森のバケモノオオカミ。

火は、苦手中の苦手でござる。

 

うーわ、どうしたもんかな。

 

でも、せっかくここまで決心したこと。

きびすを返すわけにもいかない。

 

(やってみよう!)

私は力強くうなずいて、片手鍋にお水を入れ始めたんだ。

 

 

 

「おいしいよ、姫の半熟卵」

「ううぅぅ」

「泣かないでよー。嬉しいよ?」

 

一番簡単とまで言われている、ゆで卵。

それすら作れず。

と言うか、火への恐怖が限界に達して。

茹で上がるまで、卵をお湯にかけてられなかったんだ。

 

「――ほんとう?」

ちょっと上目遣い。

「うん。ほら、姫も食べようよ」

「う、うん……」

 

はじめて作った、茹で上がらない半熟卵は。

 

どこかに涙のほろ苦さを隠していたんだ。

 

 

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

 

 

と言うわけで、姫のお料理は

予定通り、失敗なのでした。

 

公式さんのツイートでも

姫の、炎の苦手さがよく描かれています

こんな姫は、いかがでしたでしょうか?

 

いつも通り、〆は「嘘つき姫と盲目王子」です

やきいもに苦戦している姫、かわいすぎる

f:id:tomomikoshigaya:20200416210411j:plain

最後までお読みいただき、ありがとうございました

 

久しぶりの更新は、ガツッと嘘つき姫と盲目王子!

こんばんはー

カウンセリングの日が近づいていて、ドキドキ止まらないノンストップともみでございます

 

またもや、お久しぶりの更新となりましたが

こちらも久々の、「嘘つき姫と盲目王子」二次創作小説で行きたいと思います!

んで

いっつも前置きが長いので、今回ぐらい(ぐらい?)はサクッと始めますね

お付き合いくださいませ♪

 

 

 

 

 

ずいぶんと前のことだけど。

森の学校で教わった、いろんなこと。

こうやって、人間界にいても役立つことって、意外とあるんだな。

 

そんなことを思ったんだ。

 

「大丈夫、姫?」

「ん?あ、まあ」

そう私は答えたけれど。

王子が、心配そうな光と瞳にたたえてこちらを見ている。

 

「調子悪い?」

「うん、でもま、へーきだよ」

「そっか。何かあったらすぐ、ボクに言ってね」

気遣いあふれる、王子の言葉が嬉しかった。

でもさ。

せっかく時間を割いてくれた、王子にも悪いし。

私だって、デートを終わらせるのはいやだもん。

 

なんでかって?

んー。

 

『女の子の日』

でわかるかな?

ちょっとこれだと、王子には伝えにくいよね。

べ、べつに。

(今日はえっちしたるでげへげへ)

とか、妄想しまくってるわけじゃないよ?

まー、妄想はするんだけどさ。

 

違うちがう。

たしかに、私と王子は。

なんでも話せる、だからときにはケンカもする。

そんな関係ではあるけれども。

 

わずかばかりこれは、恥ずかしいやねー。

 

女子同士だったら、全然平気なもんで。

森の学校では、それこそ男子の前でだって。

「ナプキンパスー」

なんてやってる子もいた。

私はしてないよ?

 

ほら。

多勢に無勢ってあるじゃない。

私のクラス、男子少なかったからなぁ。

だから、やってられたんだと思う。

 

そんな、ちーとばかし憂うつではある週間なわけさ。

 

なので私は、一緒に城下町のウィンドウショッピングしてたんだんけど。

近くに、お手洗いのきれいそうなお茶屋さん見つけたので。

王子に誘いをかけてみた。

 

「いいよ。入ろうか」

「うん」

「のどかわいちゃったね」

「私も。ずっとお店めぐりに付き合わせて、ごめんね」

「んーん。ほら、かわいい服も。勉強になったし」

こうやって、前向きに考えてくれる王子のこと、大好きだ。

 

カランコロン、とドアベルが小さく鳴って。

コーヒーの香りが満ちている、店内に入った。

窓際の席に案内される。

おひやをトントン、と置かれて。

私たちは一息ついた。

 

「ふー」

「一気飲みだ」

「そう言う姫も」

「へへ」

 

王子は、大好きなオレンジ・ペコがあったので、それ。

私は定番だけれども、アイスコーヒーさ。

自然な仕草で、王子が注文してくれた。

さすが王族。

細かい所作さえ、堂に入っている。

 

私は、飲み物が届く前に、と思って。

ポーチだけ出していくのも、ちょっとはばかられたから。

バッグごと手にして、

「お手洗い行くねー」

と、席を立った。

 

「げ」

ホワイトクリームの、清潔そうな空間の中で。

私は思わず、声に出した。

いや、経血量に驚いたんじゃなくて、もっと悲惨なこと。

 

コスメポーチは入ってるのに、くだんの必要なモノが入ってるポーチ。

バッグに入ってねえ……!

座ったまま私は、天井を仰いだ。

(オー・マイ・ゴッシュ)

カッコつけてつぶやいてみたけれど、状態が改善されるわけでもなく。

ちょっと思い返してみる。

 

(予備を多めにー)

とか、ぎゅむぎゅむナプキンを詰め込んだのは、よー覚えてる。

んで。

それを、ポーチごと忘れてきたわけだな。

 

思い返しても、状況が改善略。

 

(うーわ、どーしよ)

かなり困った状況だぞこれ。

 

ラブホだったら、ほぼ確実に。

お手洗いに2コ準備されてるけど。

ここは喫茶店

あるわけがねー。

 

(買いに行くしかないなぁ)

うん、打開するにはそれしかない。

さいわい、近くにファミマがあったのは記憶している。

ちっこいのを買って、コンビニのお手洗いを借りちゃえば。

あとは、なんとかなるだろう。

 

でも。

王子になんて言って、お店を出よう?

 

『ナプ忘れたから、買ってくるね!(キラッ!)』

 

言えねえ。

 

『アイス食べたいから、買ってくるね!(シャラーン!)』

 

お店のを食べようよ、って言われるに決まってるし。

フツー、持ち込みできないだろ。

 

はー。

 

とにもかくにも、私は緊急措置として。

森の学校で習った、トレペぐるぐるナプキン代わり大作戦、を採用し。

本当に青い顔をして(鏡で確認済み)、王子の待ってる席に戻ったんだ。

 

「あ、いまさっき届けてくれたよ」

「うん」

テーブルに、飲み物が用意されていて。

王子だなぁ。

律儀に、まだ口をつけていないっぽい。

 

でも私は、だんだん本気で気分が落ちてきていて。

まー、実際に貧血気味なんですけど。

グラスにストローさえ、させなかった。

 

「どうしたの、姫」

「ん」

「ものすごく、悩んでる顔」

「……」

王子は、安心させるような笑みを浮かべて。

 

「聞くよ?どんなことだって、協力するし」

泣きそうなことを言ってくれた。

 

私は。

私は、こんな実直でやさしい王子に隠していることが。

なにか、とても申し訳ない気持ちになって。

 

「あの、ね」

と、素直に切り出してみたんだ。

 

「そっか。大変だったね」

うう、やさしいお返事。

私は本気べそかきながら、うなずく。

「いまは大丈夫なの?」

「あんまし」

「そかー。応急処置だもんね」

「うん」

 

王子はちょっとだけ、天井に視線をやったあとで。

「ボク、そこのファミマ行ってくるよ」

「え?えええぇ!?」

「平気。姫のためだもん」

「で、でも」

(恥ずかしくないの?)

後半の部分を、私は飲み込んだ。

恥ずかしくないわけがないよね。

それを承知の上で、王子は買いに行くって、言ってくれてるんだ。

 

どこまで、やさしいんだよぅ……。

うなずくのが、やっとだった。

 

「まかせて。『あなたとコンビに』のお店だもん。絶対に大丈夫だよ」

根拠は少々、理解し難かったけれど。

もう一度、私はうなずく。

「フツーのでいいの?」

「うん。なんでもいいよ」

「わかった。ちょっとだけ待っててね」

「ん」

「信じて、アイスコーヒー、ぬるくならないうちに飲んでて」

 

そう言った王子は、それこそすっくと席を立って。

店員のお兄さんに一言かけてから、さっとドアを通り抜けていった。

王子だって。

(冷めちゃうのに、オレンジ・ペコ……)

 

一粒二粒。

涙が落ちた。

 

ほはー。

落ち着いた。

この世界の生理用品は、優秀だのう。

なんか、すげぇさっぱりした気持ちで、私はお店のお手洗いをあとにし。

席に戻ったんだ。

 

「おかえり」

「ただいま」

うん、今なら。

今だからこそ、真正面から王子を見て。

「本当にありがとう」

お礼を言えた。

「んーん。ボクが察せればよかったね」

「そこまで、求めてないよぅ」

「そっか」

「ですとも」

 

私たちの間に、笑顔の空気が広がっていく。

 

些細なことではあるんだけど。

王子の心配りや、行動力に。

私はとっても感謝していた。

コンビニとは言え、勇気が必要だったろうに。

深く聞き返すこともせず、さっと向かってくれたその潔さとか。

感じているであろう不安さえ、おくびにも出さない強さ。

 

(大好きすぎる)

そして。

(このひとで、本当に良かった)

私は深く強く思った。

 

たしかに、小さな出来事で。

ひとによっては、なんてことのないことかもしれないけれど。

私たちには、とっても強いきずなが。

これも機会として、結ばれていくのを感じ、信じたんだ。

 

森の学校で教わったこと?

 

・どうしようもないときは、トレペで対応

・信じられる相手には、話していいこともあるよ

って。

 

王子。

ありがとうね、大好きよ!

 

 

 

 

おしまい

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか

つか、長くなっちゃいましたね

 

こんなようなこと、女子はきっと経験あるんじゃないかなって

書きながら思いました

 

これからも、姫と王子は

いろんなことを乗り越えていくんでしょう

その、経験記みたいな感じになりそうな、この先の二次創作に

また、お付き合いいただければうれしいです

 

では、〆はやっぱり、嘘つき姫と盲目王子で

f:id:tomomikoshigaya:20190414201727j:plain

f:id:tomomikoshigaya:20190711191011j:plain

公式さんのむかしのやつ(王子)と

ゲーム画面(よく見ると、ふたりが寄り添ってます)

でありますー

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました

今年のホワイトデーもありがとうでした!

こんばんはー

 

今日はちょっと上向き調子ではあっても

頭痛にさいなまれ、現時点でHP(ヒットポイントね)限りなくマイナス値、と言う

生存価値とその理由を探しに旅立ちたいともみでございまする

 

まあ、そんなに深刻な状況ではないにしろ

頭痛は厳しいですねー

中の子(内部人格)たちが、依然としてわちゃわちゃしているらしく

あ、「らしく」って言うのは、その間の記憶が私に無いからなんですけど

うにゃうにゃと中の子が活動すると、その疲労が頭痛になって具現化するっぽいんです

 

 

そんな、ちーとばかし悲しい日々ではありますが

相方ちゃんから今年も、ホワイトデーのプレゼント、いただきました!

 

はー、やっと本題w

 

私(ともみね)の分も、もちろんもらえたんですが

圧巻だったのは、中の子たちのために用意してもらえた

 

こちらー!

「六方焼き」と言う、小さくかわいいおまんじゅう

その量、なんと

 

1kgと言うね

 

これにはさすがに、中の子たちも大喜びしたことでしょう

 

 

相方ちゃんは、毎年いろんなイベントで

さまざまなプレゼントをくれるんですけど

「好きでやってることだからー」

と、なんとも申し訳なくなるようなことを、いつも言っていて

 

いやいやタハタハ、あたまが下がりますったら

 

 

私からのお礼ですか?

ふふふ

まだナイショー♪

 

 

と言う感じで、相変わらずだらだらと進めてまいりました

 

コロナウイルスだったり、季節柄のカゼや花粉症だったり

いろいろと、住みにくい世の中になってきてはいますが

 

負けずに、がんばって生き抜いていきましょうね!

 

 

では、いつもどおり

おしまいは、嘘つき姫と盲目王子でー

王子からの、ホワイトデーのお返しとのことです(公式さんツイートより)

まーまーまー、かわいいわねえいいわねえほのぼのだわねえ青春だわ略

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました

解離性同一性障害による頭痛で泣いたりする

こんにちは

 

Twitterには、どうにか顔を出していましたが

実のところ、体調もメンタルもガッタガタに崩れていると言う

相変わらずも貧弱な女子ともみでございます

 

さてさて、タイトルについて

 

ご存じの方も、もしかしたらいらっしゃるかもですが

このところ、解離性同一性障害による内部人格さんの動きによって

めちゃくちゃなレベルの頭痛に、ずっと襲われているんですね

 

そして、現在半同棲中の相方ちゃんも

調子を仲良く崩しておりまして

んもー、ウチらどーやって生活するよ?

と、ぢっと手を見たい感覚に、毎日ヒタヒタひたっております

 

本当でしたら、いろいろと書きたいことも創作したいことも

たくさんたくさん、あるんですが

PCのディスプレイを見るのが、頭痛によって不可能に近い行為なんです

 

なので、ウチらの調子がある程度快癒するまで

スローペース牛さんもーもードナドナ荷馬車が揺れるスピードになりますが

呆れることなく、変わらずお付き合いいただければ、大変幸甚です

 

以上、イイワケに満ち満ちた記事になっちゃいましたけど

どうかよろしくお願いいたします

 

〆はやっぱり、嘘つき姫と盲目王子でー

おひな祭りでそのあたまもおめでたい、姫

かわいいのうかわいいのうぐふふふ(壊

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました