創作全般よっこらしょ

二次創作とか、詩やSSもあります 日常のことも

嘘つき姫と盲目王子 二次創作小説08

メインタイトル決まらない

こんばんはー

ここまで来ても、まだタイトルが決められていない

優柔不断ちっくともみです

 

たいてい、ここを開く前には

「あー、そろそろ決めないと」

って思うんですが、思うだけで実行に移せないと言うね

 

近いうちに、がんばって(?)決めます

 

本日も、お付き合いくださいませ♪

 

 

 

8 当然すぎる反応

次の日の朝。
ボクは、謁見の間に力強く足を踏み入れた。ちょうど父、国王が、執務を開始しようとしているところだった。

 

「父上、お話を」
「ならぬ。今のこれを見てわからぬか」
「わかりません」
「愚かな……。仕方がない、一分間やろう」
「ありがとうございます。わたしは、森に住むバケモノと。婚姻したく存じ、申し上げます」

 

父は、鼻で笑った。

 

「どこまでも愚息よ。それだけか?」
「ご承諾いただけますか?」
「馬鹿な話も、やすみやすみ言え。許すと思うてか」
「まったく……。わらわの腹にいたとは、思えぬ」
王妃、母も。汚いものでも見るような口調だった。

 

「なりませんか」
「当然だ。時間になったぞ、下がれ」
「イヤです」
父は、大きく手を鳴らした。

 

「この痴れものを、連れてゆけ」
謁見の間に、動揺が波になって広がる。玉座近くに控えていた近衛兵数名が、どうしたものだろう、と言った表情を浮かべている。ボクはもう一度、口を開こうとした。

 

「聞こえぬのか!」
『は、はいっ!!』
なにか言葉を発するよりも早く、兵士たちがボクのところに駆け寄る。

 

「申し訳ありませぬ、王子。国王陛下の厳命でございます」
近衛兵の隊長が言った。兵士たちは、ボクに触れたりしないよう気をつけながら、身体で盾を作り、ボクを外に出そうとする。ボクも、兵士たちとわずかな距離をとったまま、

 

「父上!それならば、バケモノ、いや姫と。一度だけでもまみえ、ご対話を!」
叫ぶようにボクは言った。でも、返事はなく。強制的に外に出されてしまった。無情にも大きな扉が閉じられる。これが……。これが、国王の。当然の反応なのだろうか。あまりにも、だ。

 

たしかに。ボクのやり方が、幼すぎるのかもしれない。だからって……。

 

 

 

続きまする

f:id:tomomikoshigaya:20190711191015j:plain

 

嘘つき姫と盲目王子 二次創作小説07

梅雨明けはまだかなあ

こんばんは

室内に洗濯機が置けない、貧乏物件居住中ともみです

 

まー、これのなにが困るって

ご経験ある方には、おわかりと思いますが

雨の日にはお洗濯できないんですよね

 

困ったもんだー

お洗濯物がたまっていくー

 

一定行嘆いたので、本日の更新です

読んでやってくださいまし

 

 

 

7 一大決心

ボクは、自分でも大したものだなぁと思いつつ、今夜も岩場に登った。もちろん、姫のギザギザ歌を聴くために。だいぶ、筋力トレーニングの代わりになってるのかな?ちょっと筋肉がついたようにも思える。それとも……。

 

それとも、一大決心を姫に伝えようって。腹を据えたからかな。

 

「また来たよ、姫」
「ありがとう、王子。――どうかした?」
姫は鋭い。

 

「うん……。今日はね?伝えたいことあって。聞いてくれる?」
「当たり前よ」
ボクはお月さまを見たあと、姫の目をしっかり見据えた。

 

「明日。父、んーん。国王に王子として、話してみる。――姫と、一緒にいたいんだって」
「え!?」
姫の顔に、動揺を見て取れた。

 

「近いうちに、国王・王妃に紹介したいんだ。姫のことを」
「ええぇぇええ!?」
姫の目が、まんまるに見開かれた。

 

「わ、わたしっ。その、これこんな、その。――バケモノよ?」
「関係ないよ。姫は姫、とてもかわいい姫だよ」

 

ボフン!
真っ赤に姫はなった。

 

「だっ!でも!」
「ボクのワガママだって、わかってる。だけど、姫と……。そのっ。一緒にいたい」
「王子……」
気のせいか、姫の目に憐れみに近いような光が、一瞬だけ宿った。

 

「王子、いいの?下手をしたら、ここの国を追放されかねないんじゃない?」
「それならそれで、かまうもんか」

 

姫は、どこか駄々っ子をあやすような口調で、

 

「嬉しいけど、すっごく嬉しいけど……。後悔しない?」
「しないよ。今度はボクが、姫を助ける番だから」
「王子……」
「姫はイヤ?」
「んーん。イヤなわけないじゃない。わたしだって、ずっと。王子といたいもの」
「うん。ありがとう」

 

姫はちょっと、大きな手で自分の目の端を拭った。ボクも、思わずとも激昂してしまったからか、視界が少し、にじんできている。

 

「ありがとう」
にっこりと、姫は言った。更に視界が、ぼやけ始めた。

 

 

 

続きます……

f:id:tomomikoshigaya:20190711191015j:plain

 

嘘つき姫と盲目王子 二次創作小説06

暑かったですねー

こんばんは

この、じめじめな暑さにはめっぽう弱いともみです

 

お買い物からの帰り、本当に湿度で倒れかけました

うーん、いかんですね

 

と言うわけで、更新ですー

お付き合いくださいまし

 

 

 

6 そして、今夜もまた

ギザギザ歌が、とても心地良かったためか。ボクは姫に寄りかかって、うとうとしてしまったらしい。気がつくと、姫の無骨な腕と手が、慈しむかのようにボクを包んでくれている。

 

「――ゴメンね。すっかり寝ちゃったね」
「んーん、いいの。大丈夫?」
「うん。なんで?」
「ずいぶんと……。そうね、うなされると言うよりも、苦しんでるようだったから」
 ちょっと困って、ボクは視線を落とした。
「わたしのせい?」
「ううん。ボクの父と母のこと、夢に見てたんだと思う」
「そっか……」
目を戻すと、姫は少し寂しそうに、まあるいお月さまを見上げている。そして、

 

「でも。あれからわかってもらえたんでしょ?」
「うーん、どうなのかな……」
ほぅ、と姫は息をついた。
「つらいんだね、王子」
「そうかもね。でも、今は姫がいるもん」

 

ボッと、姫が真っ赤になった(ように感じた)。

 

「あ、りりがと」
「こちらこそだって」
「――そう?」
「うん。今夜もまた、あたたかく眠らせてくれたし」
それを聞いた姫は、目を細めた。

 

「いくらでも」
「うん!」

 

 

 

続くのであります

f:id:tomomikoshigaya:20190711191015j:plain

 

嘘つき姫と盲目王子 二次創作小説05

今日は、そこそこ調子良かったです

こんばんはー

数日ぶりに頭痛から解放された、弱めメンタルともみです

 

朝から起き抜けに、頭痛がないって

やっぱり楽ですよね

幻聴もあんまり厳しくなくて、助かりました

 

今日も更新いたします

どうか、読んでやってくださいませ

 

 

 

5 姫の言葉

それからと言うもの。ボクは差し入れられる食べ物も、ロクにのどを通らず。痩せ細っていったのだろう。時間の概念も紛失して、自死できるものなら、とっくにしていたと思う。

 

そこに。隣国から来たと言う、姫が助けに来てくれたんだ。最初は、ウソだと思っていた。しかし、どう言う方法を使ったのかそのときにはわからなかったけど。姫は鉄格子を開き、見張りの兵士たち(同情してくれていた兵士も、決して少なくはなかった)にも見つからず。ボロボロのボクを、ボクの手を取り、囚われの身から救い出してくれたんだ。

 

姫の言葉を、今でも思い出す。

 

『とにかく。こんなところに王子がいるなんて、おかしいわ』
憤懣やる方ない口調だった。とても、とっても嬉しくなった。味方はいたんだ。ボクのことを見捨てる人たちばかりじゃなかったんだ……。

 

素足のまま、ボロけた衣服のまま。ボクはお城の外に出た。姫と一緒に。

 

(姫を信じよう。この姫と一緒にいれば、ボクはボクでいられるから)
そして。ボクたちは、
『森の魔女に会って、目を治してもらう』
と言う目標を掲げて、冒険行に出た。

 

でも、それはまた別の機会に。いつか絵本のように、語れるときが来ると信じて。

 

 

 

続きますー

f:id:tomomikoshigaya:20190711191015j:plain