創作全般よっこらしょ

二次創作とか、詩など 日常のことも (現在一部の記事に画像障害が発生しています)

SS

呼び声(一次創作 SS08)

「ああ、そうだねえ」 懐かしむような声。わたしのことかと思い、ちょっと振り返る。 「そうとも。苦労が実ったんだよ」 なんだ。ただの世間話か。 ではあれ、ちょっと気になって。歩みをわざとらしくなく止め、店の中を遠く眺めるフリをする。 「いっときは…

変化したのはきっとね(一次創作 SS07)

ああ、変わったんだね。無理もない。 ここでたしかに生まれ育ったけれど、帰ることなどまずなくて。 友人の結婚式と言うことで来てみれば、ずいぶんと変貌を遂げていた。 不思議なものでニンゲンと言う生き物は、変化した点に注目はあっても、普遍の部分には…

同じ景色を(一次創作 SS06)

「なあにこれ? 雪だらけだね」 急行「天北」 興味を持った証拠、キミは鼻に手の甲を当てながらそう言った。 「んー、むかし貧乏旅行したときの写真」 「さすが鉄オタ」 そう言うキミも、りっぱな鉄子になりつつあるよ。まあその言葉は飲み込んだ。 「北海道…

海の駅、この先(一次創作 SS05)

松の防風林の中、わたしたちはコトリコトリと揺られて。海の聴こえてくる駅をいくつか通り過ぎた。夏の峻烈な陽射しが、どう言うわけかとても懐かしくて、扇風機しか働いていない車内も、いくらか涼しく感じられるから不思議だ。 「次の駅?」 「うん」 あな…

ソラに恋したんじゃない(一次創作 SS04)

もうさっぱりと。忘れてしまい、気持ちも切り替えて。 「またそう言う」 わたしはちょっと、困った顔になっているだろう。だって、忘れることができないからこそ、ここにいるんだもの。でも、あなたは、 「切り替えてみよう」 表情と言葉で繰り返す。さらに…

ここがわたしの場所(一次創作 SS03)

ここがわたしの場所 お花畑になんて、最初からかなわないって思ってるよ。だって、あそこは選りすぐられた、本当のエリートさんが咲き誇る場所。 わたしは……。 わたしは、ここでいい。土は固いし、いつ誰に踏まれちゃうかもわからないけど。 わたしは、ここ…

夏空(一次創作 SS02)

ざあああむと風が吹き渡り、空はいちだんと叫び声を大きくした。オンオンと言う唸り声が、その地へも届こうとしている。 見上げた空には、薄い雲が。そのほかと言えば、ただ峻烈な青が広がっているばかり。夏の空は、恐ろしいほどに晴れ渡っている。 さあ、…

小糠雨(一次創作 SS01)

細く狭いプラットホームも、1両だけのディーゼルカーも、細かく冷たい雨にそぼ濡れていて、大蝦夷の寒さが身にしみる。定刻の発車まではもう5分を切っていたが、乗客はわたし以外に誰もおらず、赤字、それも大赤字のローカル線運営と言う厳しさを、いやが応…