創作全般よっこらしょ

二次創作とか、詩など 日常のことも (現在一部の記事に画像障害が発生しています)

気になる! 日本一ソフトウェアの新作!!

こんばんはー discordの皆さんから教えてもらうまで、新作の発表があったなんてこれっぽっちも知らなかった、世に言う情弱とはわたし! な、ともみであります まあとりあえず、あんまり書いちゃうとネタのリークになるので、ここではあまり触れないようにし…

走ってはしって!(一次創作 詩044)

走れ! 走ろう! 足跡だってしっかりつけて ジャンプで前脚 雪に沈んでも まだまだ進める まだまだ走れる 寒風を切って 鼻の頭に 雪をくっつけてても どんどん行こう 先を目指そう もっかいもっかいジャンプ 走れ! 走ろう! Pinterestより

夜の途中、ゾッとするのは(一次創作 詩043)

どうにもと言うか どうやらと言うか まあわたしはひどい具合に 疲れ切りその挙げ句 周りも見えなくなっているらしい 眩しいのは街灯だけじゃなくて こころの奥まで照らそうとしてくる みんなの視線だ おそろしいね こわいよね そびえている建物 薄明るい夜空…

「森の魔女、街へ行く」 嘘つき姫と盲目王子 二次創作小説

こんにちは 朝から頭痛で泣き顔すら歪んでいる、もともと顔面偏差値高くないともみッス あれですね、んーと 頭痛が痛くて痛みがひどい状態が続くと、だんだん何もかもどーでもよくなる、みたいな まあ、そんなに世の中のこと、考えてるわけじゃないですけど …

あきらめない(一次創作 詩042)

この声は届くだろうか キミのところに届くだろうか キミの気持ちに届くだろうか キミのこころに届くだろうか この声は響くだろうか キミの耳朶に響くだろうか キミの思いに響くだろうか キミのたましいに響くだろうか ボクはあきらめない だから 遠くとおく…

「ずっとずっと、そして」 嘘つき姫と盲目王子 二次創作詩

ボクはずっとね? 周りのものごとは すべて流転し変わっていき 長く続くものなんて この世界にぜったいない そう思っていたんだよ 「そんなことはないよ」 そう教えてくれたのは 誰あろうキミなんだ 変わらないものもある 変えられないものもある 変えたくな…

焔(一次創作 詩041)

もう言葉も出ない なにも出ない 感情は真っ白いかと そう思えど朱紅に染まって ただ茫洋としたがらんどうの中 燃え立つ焔だけが ごうごうと叫んでいる なんの炎なのか 聞くまでもないだろう わたしもそうだ だけれども わたしの「中」に 燃え盛っている感情…

雪積もり、おだやかに(一次創作 詩040)

今日は比較的に楽です なんせ、雪がやんでいますから 横殴りの吹雪の中でも わたしたちは走りますが やっぱりおだやかなお天気ですと 気持ちも少し、弾みますよね エンジンの調子も、今日は良いので ゆっくりゆっくり クラッチをつないでもらって わたしもに…

『月夜の音楽会』発売決定!!

わくわく! こんばんは とにかくんもうもう、リリースが楽しみすぎて、昨日以上に良く寝ちゃいそうなともみでっす なにを? ふふふ(不気味w タイトルのことですよー! 志方あきこさんの、『嘘つき姫と盲目王子』コンセプトアルバム、『月夜の音楽会』が、Tw…

夕暮れを乗せて(一次創作 詩039)

こうして振り返ってみると ふと、思い返してみると 去年は、紅葉がとても見事だったなあ 特に、夕刻のが いつも走っている、ボクにとって馴染みの そんな風景だったけど お客さんみんなが、わぁって 車窓からの眺めを、喜んでくれてた そりゃあ嬉しくなるも…

まふまふさんに見る、子どもたちへのメッセージ

こんばーんは おくすりのタイミングが遅かったからか、プチな頭痛がずっと続いている、これは解離性同一性障害によるのか片頭痛かわからないともみです どーも、頭痛はいかんですたい 考えるのもダメになってくるしね さてさて タイトルのことなんですが、久…

日本一少女シリーズ合同誌、執筆者大募集告知っ!!

お久しぶりですー こんばんは お引越し自体はもうとっくに終わっているんですが、荷物のお片付けなどなどに毎日追われている、そんなに体力ないんだってばなともみです ホントになんて言うかもう、腰にきますよー って、実年齢バレそうですが、腰がいたたの…

お引越し準備中!

こんばんはー 久しぶりの更新になってしまいました ちょっと疲れてるけど、そんなこと言ってられないおしりに火のついたともみです 今回もタイトル通りでして ちょこっとお引越しするんですが、その作業に追われていて 今日も今日とて、へとへとザマス あれ…

ともに染まるこの場所(一次創作 詩038)

気持ちをすべて、持っていかれてしまうほどに ボクの吐息は、粉々になったかと見違え そうだ ここはいつか来た場所 キミとまだ出会う前 いつしかの予感が働いていた 手を握りしめることで つながっていたキミとボク いまは体温が離れているけれど そこにも、…

「夢(ゆめ)こそちから」 嘘つき姫と盲目王子 二次創作詩

こんばんは もう三が日も終わろうとしているんですね って、え? 今年に入って、もう三日も経っちゃったの!? は、早すぎるぜよ…… この地球、加速装置内蔵と違う?と疑うともみです 早くなっちゃったのは、まあどうしようもないので つか、年齢とともに加速…

新年あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます そして、こんばんは 無事に新年を迎えられ、いろいろとホッとしているともみです さてさて 毎日更新まではいかないにせよ、なにか 「書きたいな」 と思ったら、すぐに書けるように 今年はそこへ自分を持っていけるように、努…

本年もありがとうございました

こんばんはーです 年末年始の騒ぎもうるさいだけだし、紅白なんて見る気も起きないし テレビそのものが無いんですけどねw まあ、落ち着いて過ごそうよなともみッス たしか、今年のはじめには 「もっと更新していきたい」 みたいなことを記事にした、と記憶し…

「嘘と手と」 嘘つき姫と盲目王子 二次創作詩

わたしはずっと 間違ったことをしてきたのかな たしかにそうかもしれないよね 王子に嘘を付き続け 嘘に嘘を重ねて その上に嘘を…… だってあのときには これが最善じゃないにしろ 本当に良い方法だって思えたんだもん そりゃ 王子と手をつなげて嬉しかった 初…

雪をも溶かす(一次創作 詩037)

よろしくお願いします その思いとともに手渡される 単線手動閉塞方式のタブレット 雪はやんでいても 凍りつくような寒さが ピンと張り詰めていて タブレット交換にも一苦労 腕木信号機が現役だった時代 わたしたちはこんなふうにして 信号機を動かし 安全確…

「国境(こっきょう)を越(こ)えて」 ~すべての「嘘つき姫と盲目王子(うそつきひめともうもくおうじ)」ファンのみなさまへ~

さいしょに こんにちはー、と言(い)うか、こんばんはー、な時間(じかん)と言(い)うか はい、いきなりルビがあるわけですが これには、マリアナ海溝(かいこう)よりも、きっと深(ふか)い そんな理由(りゆう)がありまして この拙(つたな)いブログ…

「今夜だけは」 嘘つき姫と盲目王子 二次創作小説

こんばんはー やっぱりうつうつになって、どん底に落ちてた吐き気と頭痛はご容赦をのともみです 今はどうにか、復活しつつあります って言うのと 「姫と王子にはしあわせになってほしい!」 と、こころから願うので まあ、いつも通りの二次創作小説なのであ…

「A part-time job, I choose You !!」 嘘つき姫と盲目王子 二次創作小説

こんにちはー なんと、一日に二回更新です どうしてしまったんでしょう、どうかしてしまったんですねのともみです 前にもしかしたら、一日二回更新をしたことがあるかもしれませんが、んなのもう憶えてないし、えー、ま、そう言うことで さてさて、タイトル…

「微笑みの先に」 嘘つき姫と盲目王子 二次創作小説

おはようございます 朝です おやすみの日の朝です んで、ちゃんとゴミ出しは朝にしていますと言う、へんなこだわり持ってるともみでごわす いつも通りと言うか、Twitterやってたんですが もー、ヨースケさんの姫王子、かわいいやら愛おしいやら 感動のあまり…

賢者と愚者(一次創作 詩036)

遅いな、遅い では少々、遊んでやろう なりふり構わず逃げるがいい 追って、追って 疲れ果てたところに 爪と牙を見舞ってやる 本気で逃げているのか、愚かな 実に愚かな その選択肢 間違いに気づくときには まあ、手遅れだがな まだ耳が働いているうちに こ…

「あなたと、キミと」 嘘つき姫と盲目王子 二次創作詩

あなたと、キミと わたしにとっては、それこそふるさとで 懐かしさに少し、頬が緩む いつも歌っていたあの岩場も 厚く茂った森の葉も 見覚えのある風景が、こころを温かくする 王子、ねえ わたしはあなたから、数え切れないしあわせを 今でもこうしてもらっ…

そのときに、またね(一次創作 詩035)

ボクの時間は止まったままだけれど 季節は確実に移ろっていって 次第にボクも、その移ろいに 飲み込まれようとしているんだ 悲しくないし、嘆くことでもない いつかはこうなることが ボクには ボクたちにはわかっていた だから、止まったままの ボクの時間だ…

205系が好き!ポケモンも好き!じゃあ、こうすれば解決じゃん!!

こんばーんは このところ本当に生活が苦しくて、んもうこれはルカリオさまと一夜を共にするしかないなとか大絶賛妄想中のともみです えー、イタい発言ではありますが、お心の広いみなさまにおかれましては、お許しを得られるのでは、などと さてさて SWITCH…

楽しみはいずこにも(一次創作 詩034)

今日は疲れたよ (いつも大変ね) でもまあ、ここまで帰ってきたし (うんうん) 見方によっては、ここだって (なあに?) 天国への階段、なのかもなって (縁起でもない) いやいや、死ぬわけじゃない (そうであってください) 登りきれば、きっと (きっ…

こころからの気持ちだよ(一次創作 詩033)

そっか、キミには初めてかもしれないね いやぁ、だからって そんなに意外そうな表情、するなよぅ 媚びてるわけじゃないよ? 迎合してるわけでも、もちろん無いからね? ただ、その、さ いつもキミたちは、わたしを遠くででも見かけると 逃げていってしまう …

「嘘つき姫と盲目王子 設定」(わたしの二次創作上でです)

こんにちはー 午前中と比べて少し調子が回復した、ポーションオブヒーリングを飲んだ(気がする)ともみです いやあ、こう生活苦が続くと、何もかもがイヤになってどっかに逃げ出したく、でも逃げるお金すら無いよはははは、と言う赤貧洗うが如し、洗いすぎ…